Welcome to

育毛に全力で取り組む日記!発毛まで突っ走れ

Home / 薄毛治療に使われる薬の副作用知ってますか?

薄毛治療に使われる薬の副作用知ってますか?

2648707505b64e0cc054cbe4b2c92471_s

最近では薄毛の治療も非常に進化しており、様々な薬が用いられます。

適切なアプローチさえできれば少し進んでしまった薄毛にも対処できますので、諦めずに治療を続けることが大切です。

薄毛の治療薬として有名なものの一つにプロペシアがあります。

プロペシアはほとんどのクリニックで治療の候補として挙がるものであり、男性型脱毛症(AGA)の改善に大きな効果を発揮します。

そもそも自分の症状がAGAかどうか不明な場合は、こちらなどを確認してみてください。

ミノキシジルと併せて優れた働きを期待できるものですが、作用が強力な分、やはり気をつけなければならない副作用も存在します。

プロペシアの副作用としてもっともよく言われるのが性欲の減退と勃起機能の低下です。

これらの機能が必要ないという場合には日常生活の中に及ぼす影響は考えなくても良いのですが、これから子供を持とうという場合にはこの副作用がとても気になります。

ただし、中には全く副作用を感じないという人もいますので、個人差の大きい部分でもあります。

プロペシアによる治療が進んできてそれなりの効果を上げている場合でも、やはり日常生活の中に支障が現れている場合には他の選択肢がないかを考えなければなりません。

薄毛の治療では健康な髪の毛を生やして現在生えている髪の毛を丈夫にすることが重要であり、少しでも早く進行をストップさせなければなりません。

しかし、それによって生活の質が低下してしまえば意味がありませんので、他の薬で代用できないかを模索する必要があります。

現在の治療法としてはプロペシアのミノキシジルを併用することが多く、この二つの薬を同時に利用することで長年の髪の毛の悩みを解消している人がたくさんいるのも事実です。

不安を持ちながら始めると心理的なマイナス面が大きくなりますので、どうしても気になるという場合には事前に医師とよく相談した上で、納得してから始めることが大切です。

副作用は実際に使用し始めてみないとどのような影響が出てくるのかが分かりませんので、子作りの時期を避けて治療を行うという選択肢もあります。

To get the latest update of me and my works

>> <<